防滑工事:滑りやすく危険で被害も大きい浴室・浴場・プールも浴室防滑工事で安心

headder_3.png

top_a.jpgtop_a.jpggenin_a.jpggenin_a.jpgkouhou_hikaku.jpgkouhou_hikaku.jpggaisan_hiyou_a_edited-1.jpggaisan_hiyou_a_edited-1.jpggoshitsumon.jpggoshitsumon.jpg

HOME > 浴室・浴場専用防滑技術 > 浴室・浴場の危険

もっとも滑りやすく、危険で被害も大きい浴室・浴場・プール

滑る原因が集まっている浴室等は、大変大きな事故につながります。

水分、湿気、カビ、バクテリア等が集結、防滑工事が最も必要な所です。

a0001_012213_m_R.jpg最も滑りやすい場所としては、浴室・浴場やプールなどが挙げられます。一番の要因は、床面が絶えず濡れている状況です。しかも、近年の温泉や大型スーパー銭湯ブームなどにより「大型化」と「美観の競争」もあり、床面が一段と滑りやすくなっているという現状です。

多くの人が利用する浴室・浴場は、石鹸カスや人間の皮膚から大量の皮脂成分などが床にばらまかれます。それらを栄養源としてバクテリアなども繁殖したり、カビが大繁殖したりして 常に滑りやすい状況を作っています。特に、温泉成分などは「ぬめり成分」が それを助長することになり大変危険です。

浴室・浴場などの特に危険な原因
1 濡れている床面
2 美観重視の滑りやすい床面
3 ぬめり成分
4 皮脂、石鹸カス
5 カビ、バクテリア等の繁殖

裸の状態で転倒する危険は想像以上です。

また、浴室・浴場などは裸で利用するものですので、転倒があった場合には深刻な問題になりやすい状況と言えます。衣服などのようにクッションになるものがありませんし、殆どの場合がタイルなどの堅い石材です。無防備な状態での転倒は、非常に危険です。プールなどに関しても、ほぼ同様の状況と言えます、プールなどは広く、スポーツ施設ということもあり、走ったりする子供さんなども多く、常に危険と隣り合わせの状況です。

海外からのお客様は、お風呂の文化もなく危険です。

海外のお客様にも人気の温泉や大浴場ですが、彼らは公衆浴場としてのお風呂を利用する文化はあまりありません。そのために、浴場の中でのマナーなども分からず、走ったりしての転倒もよくある事故の一つです。海外からのお客様の利用が多い温泉施設も、防滑工事は大変重要になっています。

疲れた後に入るゴルフ場の浴室なども要注意です。

10km近く歩き、運動した後に入るゴルフ場の浴室なども、大変危険です。普段入るのと違い、疲れた後ではちょっとの油断で滑り、転倒の危険性も高くなります。


imanishi_san_hiyatto.png

imanishi_san_kaisyuu.png

shinkaihatsu_signe_edited-1.pngshinkaihatsu_signe_edited-1.png

ショウエイでは、これまでの防滑工事実績と経験から、防滑対策が特に必要な浴室・浴場専用の防滑処理技術を開発致しました。特に危険が多く潜む浴室・浴場は、宿泊施設やジムなどの大規模な浴場だけでなく、一般のご家庭の浴室にも効果的です。是非、浴室・浴場の防滑対策にご検討ください。


jiko_kyuuzou_a.jpgjiko_kyuuzou_a.jpgboukatsu_hitsuyousei.jpgboukatsu_hitsuyousei.jpgyokushitsu_kiken.jpgyokushitsu_kiken.jpgyokushitsu_senyou.jpgyokushitsu_senyou.jpgkoutei.jpgkoutei.jpgkakakuhyou.jpgkakakuhyou.jpg
boukatsu_sekourei.jpgboukatsu_sekourei.jpghaikei.jpghaikei.jpgkaisya_gaiyou_a.jpgkaisya_gaiyou_a.jpgtoiawase_a.jpgtoiawase_a.jpgdemo.jpgdemo.jpgleft_btn.jpgleft_btn.jpgkentouyou_data.jpgkentouyou_data.jpgbosyucyu_a.jpgbosyucyu_a.jpgsyouei_homepage.jpgsyouei_homepage.jpg